合唱団紹介

◎四街道少年少女合唱団の発足について

 四街道少年少女合唱団は、1992年6月に『ウィーンの森少年少女合唱団』との共演をきっかけに発足しました。

四街道市教育委員会が当時、山ゆり少年少女合唱団を指導していた、沖 雅子先生を指導者に指名し、市内の児童に「ウィーの森少年少女合唱団と一緒にドイツ語で〝野ばらを歌いませんか〟と呼びかけ、四街道文化センターで共演しました。それを契機に、四街道市教員委員会社会教育課が団の蒔苗を『四街道少年少女合唱団と』命名し、発足しました。

合唱団の目的

四街道少年少女合唱団は、4歳から18歳までの子供により、構成されています。指導者の下、声楽で大事な音程・和音感覚、そして自然な発声方法を学びます、そして合唱音楽や劇音楽創りをするなかで夢作りや、豊かな創造力を育み、豊かな心を育てたいと願っています。

 また、演奏活動による社会体験を通じて、社会性や自主性を育成し、文化の担い手として育ってくれればと願っています

クラスについて

 四街道少年少女合唱団には、シニアとクローバーの2つのクラスがあり、担当の指導者がクラスに合わせた指導を行っています。

・ シニアクラス

 小学校3年生から卒団生まで

 高校生・卒団生は、シニアクラスの課題とは別に独自の課題に取り組みます。

また、高学年でのレッスンやボイストレーニング(個人レッスン)も随時行います。

・クローバークラス

 幼稚園年中から小学校2年生まで

四街道少年少女合唱団

いいね!

をお願いします。